東京一交会




■秋高連主催のゴルフと国民宿舎「鵜の岬」でのアンコウ鍋を楽しみました
 東京一交会が対外活動として参加する今年最後の行事があり、3名参加しました。11月17日(金)から18日(土)までの1泊2日の日程で、日立ゴルフクラブに12校同窓会から39名が参集し、ゴルフを楽しみました(崖の多いコースのため私は楽しむのを超えて大変苦しみましたし、ニューボールも沢山なくしました)。地元日立市在住の母校31年卒の大谷日出春さんが優勝。同じ組でプレーしましたが、大谷さんは「このコースは自分の庭先のようなもの」と話していました。
 午後4時頃までにプレーを終了し、宿泊先の国民宿舎「鵜の岬」迎えの大型バスに乗り込み、あんこう鍋に期待を膨らませながら到着。すぐにオーシャンビューの大浴場でゆったりと温泉を楽しむことが出来ました。宴会には、42名が出席(参加人数全47名のうち、5名がゴルフのみ参加)、オープニングは横手工業高の柴田正四郎氏が正装し「ガマの油売り」を熱演、会場を沸かせてくれました。乾杯の練習とガマの油売りでご機嫌となったところで、秋高連の岸本会長(秋田商高)のご発声で正式に乾杯。今回は名物「アンコウ鍋」を食すのが目的、ゴルフの表彰式と同時並行で進めたので、幹事役には冷めたアンコウ鍋に辿り着くのが精一杯でしたが、残り物に福あり、とても美味しいアンコウ鍋でした。余興コーナーでは喉に自信のあるつわものが多く、ステージを賑やかにしてくれました。東京一交会の保坂顧問も熱唱し割れんばかりの拍手でした。
 二次会を二部屋に分かれて行い、各校の一層の親睦を図ることができました。東京一交会ほか数名が東京駅(帰路は高速バスを利用)一番街で秋田料理と秋田銘酒を戴き、暗くならないうちに解散。楽しかった1泊2日のゴルフ旅行でした。参加してくれた皆様、大変お疲れ様でした。(2017.11.19 水沢誠一 記)
【写真(8枚)】
  日立ゴルフクラブ集合写真
  コース内鈴なりの渋柿
  宴会集合写真
  あんこう鍋に夢中の参加者
  鵜の岬周辺の位置図
  鵜の岬の地並み高さまで津波襲来
  この入江から津波襲来
  帰宅の途に就くところ


■平成29年度在京秋田市政情報交換会が行われ、東京一交会から16名出席しました。
 11月15日(水)、午後6時30分から東京市ヶ谷の私学会館アルカディアに於いて、平成29年度在京秋田市政情報交換会が行われ、各界の代表ほか在京秋田市内高校同窓会及び新屋郷土会、秋田市東京事務所で構成する「けやき会」のメンバーなど180余名が参集し、穂積秋田市長の市政報告を拝聴するとともに、来賓として出席された秋田市出身の演歌歌手、村木弾さん(国立秋田高専卒、作曲家船村徹の最後の内弟子)が来賓代表挨拶のあと、舩木一夫作詞、船村徹作曲の「都会のカラス」を熱唱し会場を沸かせてくれました。幕間に更に一曲披露してくれて、大演歌歌手への期待に拍手が止みませんでした。
 東京一交会から女性9名、男性7名が出席し、来賓として出席された母校出身の区議会議員、省庁職員と情報交換したり、女優の浅利香津代さんを囲んで写真に収まるなど親交を深めました。
 今年は、秋田北高同窓会の女性二人が司会を務め、これまでにも増して和やかな情報交換会でした。東京一交会から出席してくれた皆さん、お疲れ様でした。
 本年は、明日・明後日に行われる秋高連主催の「ゴルフと国民宿舎鵜の岬一泊でアンコウ鍋を食す会」を以って東京一交会が参加する行事が終了します。(2017.11.16 水沢誠一 記)
【写真(7枚)】
  穂積秋田市長による市政報告
  主催者挨拶(工藤実行委員長、けやき会会長)
  来賓代表挨拶、演歌歌手 村木弾さん
  花田 秋田市議会副議長による乾杯
  秋田市長を囲む東京一交会の皆さん
  秋田市民歌斉唱、中締め
  実行委員会のメンバー


■第34回総会・懇親会に会員・来賓60名が集い、盛会裡に終了しました。
 東京一交会の第34回総会・懇親会が11月11日(土)、アルカディア市ヶ谷(私学会館)において行われ、会員・来賓60名が集い、上程した議案の全部が原案通り承認されたあと、懇親会が和やかな雰囲気の中で行われました。
 ご来賓として、渡部校長先生、小番元校長先生、一交会から繁野副会長が竹下会長の代理として出席し、また、関西支部から倉橋会長代理として藤本さんが遠路出席して下さいました。
 校長先生から、本年3月に竣工した母校改築に関し、並々ならぬ取り組みの歴史があった旨、披歴されたほか、部活動の成果や2020年に創立百周年を迎えることに向けた準備について触れられ、出席者に支援を呼びかけられました。また、一交会本部及び関西支部代表から祝辞を頂戴しました。
 その後、本年3月にガードナー国際賞受賞のうれしいニュースが届いたことから、役員の一人がデザインし特別に製作した竹鶴ピュアモルト記念ボトルの美味しいウイスキーで祝杯をあげました。
 今回は、4名の初参加者に恵まれ、それぞれショートスピーチを戴きました。また、アトラクションとして昨年に続きフォークグループ・マイペースの森田貢さん(47年卒)が東京ほか自作の曲を披露し、会場を沸かせてくれました。勢いのついたところで、イベントとして久しぶりにビンゴゲームを楽しみました。
 二次会は遠方からの出席者や大先輩の皆さんが母校在学中の懐かしい想い出話を紹介してくれるなど、終始和やかな雰囲気の中で旧交を温めることができたと思います。参加者の皆さんに改めて感謝いたすと共に、東京一交会の運営に引き続きご協力下さいますよう心からお願い申し上げます。(2017.11.12 東京一交会会長 水沢誠一 記)
【写真(2枚)】
  第34回総会・懇親会出席者
  遠藤章博士ガードナー国際賞受賞記念ボトル


■■秋高連・東京南翔会共催の「秩父三十四観音霊場ウォーキング」が行われ、東京一交会から1名参加

 4年計画で秩父三十四観音霊場を巡るウオーキングの第2回目が11月10日(金)、快晴の日和のもと行われ、全県8校同窓会から20名が参加し、紅葉の進んだ秩父路を楽しみました。
 今回は、西武秩父線横瀬駅に午前10時に集合し、9番札所「明星山明智寺(臨済宗南禅寺派)」、8番札所「清泰山西善寺(臨済宗南禅寺派)」、6番札所「向陽山卜雲寺(曹洞宗)」、7番札所「青苔山法長寺(曹洞宗)」、10番札所「萬松山大慈寺(曹洞宗)」、11番札所「南石山常楽寺(曹洞宗)」の6霊場を約2万歩、13Kmの道程を無事踏破しました。
 天候に恵まれ、健脚揃いのメンバーは予定より早く西武秩父駅に着き、買い物を済ませた後、都合のつく仲間で駅店舗内休み処でビールで喉を潤し交流。紅葉に癒された素晴らしいウオーキングでした。コースを下見してくれた幹事の皆さんに心から感謝いたします。(2017.11.10 水沢誠一 記)
【写真(6枚)】
  西武秩父線横瀬駅から羊山公園の紅葉を望む
  八番札所西善寺の地蔵さんと天然記念物のもみじ
  七番札所「青苔山法長寺」案内
  法長寺境内のもみじ
  法長寺にて参加者集合写真
  十一番札所「南石山常楽寺」の説教


■絶好の登山日和、けやき会高尾山ハイキングが行われ、東京一交会から1名参加

 台風22号の影響で延期となった『けやき会高尾山ハイキング』が11月4日(土)、絶好の登山日和の中で行われ、工藤会長(金足農高同窓会)ほか2校同窓会メンバーと秋田市東京事務所長が参加し、心地よい汗をかくとともに親睦を深めたとの情報を工藤会長から提供してもらいました。
 都心から電車で容易にアクセスできる世界一の登山客を誇る高尾山、公称90分で登頂
できる山ゆえ、大変混雑することで有名。参加メンバーは登山組とケーブルカーで行く「楽ちん組」とに分かれて出発。行きのケーブルカー30分待ち、帰り、今回初めてロープウェイリフト(スキーリフトと同じ二人乗り)にトライ、40分待たされたそうですが、景観も良く「楽ちん組」は満足して下山したとのこと。登山組も紅葉を楽しみながら軽快な足取りで麓の蕎麦屋を目指したに違いありません。参加された皆さん、お疲れ様でした。添付写真は登山口・ケーブル乗り場前のもので、頂上ではあまりの混在で集合写真の撮影が困難であったそうです。(2017.11.5 水沢誠一記/写真、情報提供 けやき会長 工藤祐政氏)
【写真】   けやき会高尾山ハイキング、登山口にて


■ガードナー賞の授賞式について
 2017年10月26日、ガードナー国際賞授賞式が行われ遠藤章先生の代理として、東京農工大教授が出席されました。標記について、母校OBの佐藤哲男先生から情報を戴きました。
 多くの同窓生に在トロント日本国総領事館の HP を閲覧して頂ければ嬉しいです。
 総領事館HPによると、10月26日、ガードナー国際賞の授賞式が、王立オンタリオ博物館にて行われ、今年の受賞者の一人である母校OBで東京農工大学・特別栄誉教授の遠藤章先生の代理として同大学の蓮見教授が出席、賞を受領されたとのこと、また、在トロント日本国総領事館総領事の伊藤恭子氏が日本政府の代表として授賞式に出席されて、遠藤先生の功績を称えました。
 同総領事館のHPに、遠藤教授の受賞スピーチを代読する蓮見教授の様子や蓮見教授を囲んでのガードナー財団会長、同財団理事長及び伊藤総領事の写真が掲載されています。是非、ご覧下さい(2107.11.4 水沢誠一記)
 東京一交会は、11月11日に開催する第34回東京一交会総会・懇親会で、遠藤章先生のガードナー賞受賞を御祝いすることにしています。


■秋高連ミニハイキング横須賀「猿島」探訪に11校同窓会32名、うち東京一交会から4名参加

 10月27日(金)、久しぶりの秋晴れの下、国指定史跡「猿島砲台跡」探訪と三笠桟橋近くの横須賀お魚横丁「よこすかポートマーケット」めぐりを楽しみ、同市場併設の食堂で交流・親睦会を行い、楽しいひと時を過ごしました。東京一交会メンバー4名は一足先に横須賀に向かい、名物の「よこすか海軍カレー」を食しました。写真の店舗「かわら版」によると、明治41年の味を再現、イギリス海軍から伝わった兵食「カレーシチュー」をご飯に合う様にアレンジしたのがカレーライスのルーツとあります。牛乳、サラダ、コーヒー付きスペシャルが1300円でした。
 午後1時、京急横須賀中央駅に集合し、三笠桟橋から定員200名の船に乗り、10分で猿島に着いた。夏は海水浴、バーベキュー客で賑わうそうです。猿島は横浜スタジアムの約4倍の広さ、標高40mの小さな無人島です。史跡巡りはガイド付きで、砲台、弾薬庫、兵舎跡のほかレンガ造りトンネル(道路用としては日本最古)などについて詳しい説明を受けました。探訪を終えて3時半の船で戻り、世界三大記念艦「みかさ」を外から眺めた後、近傍のお魚横丁にある食堂での交流・親睦会に臨みました。よこすか海軍カレー及び猿島の詳細については、是非、ウェブ検索でご覧戴きたいと思います。(2017.10.28 水沢誠一 記)
【写真(7枚)】
  海軍カレー店舗
  猿島到着、砂浜にて集合写真
  塁道・第二砲台
  トンネル(レンガ造り)
  記念艦「みかさ」前
  各校交流・親睦会
  よこすか海軍カレースペシャル


■第5回理事会終了報告
 第5回理事会は、10月14日(土)、15時40分から新宿区立コズミックスポーツセンター3階会議室で行われ、17名が出席しました。
 (1) 去る9月30日(土)、母校において新校舎竣工記念式典が行われ、保坂顧問及び金子理事が出席したこと(式典の概要HP掲載済み)、また、秋高連及びけやき会については、今後に予定されている各種行事の確認と東京一交会からの参加見込数について報告がありました。
 (2) 11月11日(土)に行われる第34回東京一交会総会・懇親会のそれぞれの役割分担を決めました。
 (3) 11月8日(水)に予定している資料袋詰め作業をもって準備完了です。17時からアルカディア(私学会館)で行いますので、理事の出席よろしくお願いします。
                          (2017.10.16 水沢誠一 記)


■秋田県立秋田中央高等学校の校舎全面改築竣工記念式典に東京一交会から役員2名出席
 平成24年度から校舎全面改築工事が始まり、平成27年度までに人工芝ラグビー場、管理・教室棟、屋内練習場、体育館が順次完成し、その後、弓道、テニスなどの部活施設ほか一連の工事が行われ、本年3月に滞りなく竣工したのを祝い、9月30日、秋田中央高校竣工記念式典と祝賀会が行われた。竣工記念式典は、秋田県知事主催で本校第一アリーナで午後2時から行われ、全生徒の他、秋田県副知事はじめ関係者232名が参列し厳かに行われた。休憩の後、各種大会で好成績を収めている吹奏楽部による竣工記念演奏会があり式典に華を添えてくれた。
 祝賀会は会場を秋田ビューホテルに移し、午後5時30分から竣工記念祝賀会実行委員会(委員長:斉藤昭二PTA会長)の主催で行われ、119名が参加して竣工を祝った。当日は、朝から雨が降っていたが式典の頃からすっかり晴れて素晴らしい一日となった。新校舎は内装に木材をふんだんに使用した温もりのある建物となり、「伝統と最新施設設備が融合する、理想的な教育環境を実現しております(本校HP)」と紹介しているとおり、素晴らしい新校舎が誕生しました。2020年の創立100周年に向け文武両道を追求し、益々の発展を祈念したい。
         (2017.10.2 東京一交会顧問/保坂悟 記)


■第4回理事会終了報告
 第4回理事会は、9月13日(土)に行われ18名が出席しました。
 (1) 各機関からの報告及び今後計画している行事への参加確認については、次のとおりです(一部についてはHP掲載済みです)。
  ・ 母校、新校舎竣工記念式典が9月30日(土)に行われることとなり、東京一交会から2名出席する予定。
  ・ 一交会関西支部総会が11月3日(金)に行われることとなり、東京一交会から2名出席する予定。
  ・ 七人制ラグビー全国選抜大会に母校が出場し、江戸川区立陸上競技場で行われた。
   予選及び決勝トーナメントが行われ、東京一交会から延べ13名が応援に駆け付けました。
   試合結果は既報のとおり、予選全勝しベスト16、決勝トーナメント1回戦、黒沢尻工に快勝しベスト8、ベスト4進出をかけた試合は強豪、神奈川代表の桐蔭学園と対戦、善戦およばず敗退。
   現在、選手諸君は花園大会出場を目指して日々練習に励んでいることと思います。頑張って欲しいと思います。
  ・ 秋高連の秋のミニハイキングが横須賀猿島探訪と決まり、東京一交会から4名参加する予定。
  ・ 11月17〜18日に予定している秋高連ゴルフ&国民宿舎鵜の岬忘年会に東京一交会から3名参加する予定。
  ・ けやき会の高尾山ハイキングが10月21日(土)に行われることとなり、東京一交会から2名参加する予定(追加の参加大歓迎です。希望者は水沢までご連絡ください)
  ・ 11月15日(水)に行われる秋田市政情報交換会の案内と出席要請がありました。また、今年も在京秋田市内各同窓会及び郷土会から秋田市への応援メッセージを冊子に載せる旨、説明がありました。 

 (2) 第34回総会・懇親会については、次のとおりです。 
  ・ 11月11日(土)に行われる第34回東京一交会総会・懇親会のプログラム及び進め方について協議し、大体の役割分担を決めました。
    冊子の内容及び最終の役割分担は次回、10月14日(土)の理事会で決める予定。 
  ・ 議事終了後、総会案内の袋詰め作業を行いました。(2017.9.21 水沢誠一 記)
【写真(2枚)】 第4回理事会    案内送付準備作業  


■けやき会ゴルフ大会が行われ30名参加、東京一交会から4名参加
 けやき会恒例のゴルフ大会が9月13日(水)、佐倉ゴルフ倶楽部で行われ、26名がプレーに参加、ほか、4名が表彰式・パーティの裏方準備のため来場してくれました(東京一交会から2名裏方準備のため来場)。
 今年は前回優勝の秋田商業が幹事を務めましたが、今回も目出度く優勝者を輩出しましたので、来年も引き続き秋田商業が幹事を務めることとなります。
 来年は、9月12日(水)に行います。上位10名は素晴らしいスコアでした。快晴の下でのゴルフ、スコアは悪くても十分リフレッシュできました(2017.9.21 水沢誠一 記)
【写真(3枚)】
  2017けやき会ゴルフ
  成績発表・パーティ
  成績発表・パーティ(2)


■第34回総会・懇親会のご案内
  日時: 平成29年11月11日(土)、13時30分総会開会、14時懇親会開始。
  会場: アルカディア市ヶ谷(私学会館)で行います。

■お知らせ
当初9月8日(金)に予定しました、秋高連主催のミニハイキング「横須賀・猿島探訪」は、10月27日(金)に変更されました。

■秋高連主催 第5回ゴルフ大会及び国民宿舎「鵜の岬」あんこう鍋を食す催しのご案内
 今回は、全国レベルで人気の高い国民宿舎「鵜の岬」に宿泊し、ゴルフとあんこう鍋を楽しむことになりました。
 ゴルフは、11月17日(金)、日立ゴルフクラブで行います。なお、詳細は別に連絡いたします。
 あんこう鍋・忘年会は、11月17日(金)、国民宿舎「鵜の岬」にて1泊コースで行います。ゴルフをされない方のご参加大歓迎です。
 9月16日の理事会で参加者を確認いたしますので、ご検討願います。 (2017.8.3 水沢誠一 記)


■ 『ねんりんピック秋田2017』に、けやき会一員として東京一交会から2名出席
 秋田からつながれ!つらなれ!長寿の輪をテーマに、第30回 全国健康福祉祭あきた大会『ねんりんピック秋田2017』(厚生労働省・秋田県・一般財団法人長寿社会開発センターが主催し、スポーツ庁が共催)の総合開会式が平成29年9月9日、秋田市雄和の県立中央公園陸上競技場で行われ、けやき会(在京秋田市高等学校同窓会及び新屋郷土会で構成)の一員として東京一交会から2名出席し、開会式を観覧するとともに、穂積秋田市長表敬、新屋ガラス工房見学などに参加しました。2014年に『第29回 国民文化祭・あきた2014』が秋田市を中心に開催され、そして今回、節目となる第30回 ねんりんピックが9月9日から12日まで開催されます。こうした全国レベルの文化・スポーツのイベントを通じて郷土、秋田市が活気あるまちになって欲しいと願うところです。(2017.9.10 水沢誠一記、写真提供/東京一交会鈴木壽子理事)
【写真(7枚)】
  穂積秋田市長表敬訪問
  新屋ガラス工房訪問のけやき会メンバー
  穂積秋田市長表敬訪問 (2)
  ねんりんピック開会式
  花輪ばやし大太鼓
  開会式2
  竿燈演技披露


■ NPO法人化記念秋田ふるさと応援団第6回チャリティイベントに東京一交会から12名出席
 8月19日(土)、新装オープンとなった日本青年館(千駄ヶ谷)において、昼過ぎから秋田ふるさと応援団主催の第6回チャリティイベントがあり、160名を超える仲間が出席し、郷土秋田のスポーツ・文化に暖かいエールを送りました。最初に、≪スポーツ・文化秋田から世界へ≫と銘打ち、マラソン選手として活躍された瀬古利彦氏が「心で走る」をテーマに講演され、マラソンレース中に起こってしまうトイレの裏話に会場は爆笑に包まれました。選手として絶好調の24歳のとき、モスクワオリンピックがボイコットで出場できなかった悔しさ、その後、2度オリンピック出場を果たすもメダル獲得に至らなかった無念さなど、選手人生を話してくれました。ジョークを交えての講演、とても心地よいものでした。
 次に、秋田県とゆかりのある山本亨墨田区長が「スポーツ・文化を通じた墨田区活性化&秋田への想い」を快活な語り口で講演されました。区長の父は母校出身の政治家・山本賢太郎氏です(平成22年に他界されました)。区長は剣道七段の腕前で、スピーチの端々にスポーツマンらしさが感じられました。墨田区には両国国技館(東京オリンピックでボクシング会場となるそうです)をはじめ、江戸博物館、葛飾北斎博物館などスポーツ・文化に触れられる施設が充実しているほか、文化・建築など総合芸術としてのスカイツリーの効果についても語られました。現在、世界に開かれたまちづくりを進められているとのことでした。このあと、琉球舞踊で会場を賑やかにした上で乾杯があり、ステージ・交流・懇親・チャリティオークションを楽しみました。
 添付の写真から雰囲気を感じ取って戴ければ幸いです。ステージでは、昨年に続き、母校47年卒のマイペースの森田貢さんが、代表曲「東京」(森田貢 作詩・作曲)を会場一杯に熱唱すると、もの凄い声援が上がりました。森田さんお疲れ様でした。そのほか、民謡ロック、コーラス、アニメソング、民謡、演歌のほか、西音馬内盆踊りが披露され参加者を楽しませてくれました。
 主催者の「あきたふるさと応援団」は、本年4月、NPO法人として東京都から認証されました。今後益々のご発展を祈念いたします。東京一交会から出席して下さった皆さん有難うございました。そして大変お疲れ様でした。(2017.8.20 水沢誠一 記)
【写真(10枚)】
  瀬古利彦氏の講演
  山本亨隅田区長の講演
  参加者集合写真(講演者を囲んで)
  琉球舞踊
  民謡ロック佐藤真理子さ
  コーラス(コールクレッシェンド四街道
  マイペース森田貢さん(母校47年卒)
  熱唱する森田貢さん
  西音馬内盆踊り
  エール・閉会挨拶「秋田ふるさと応援団・なまはげ」


■ 東京一交会、7人制ラグビー全国選抜大会出場の母校、秋田中央高ラグビー部を応援
 7人制ラグビー全国選抜大会が区立江戸川陸上競技場ほかで行われ、東京一交会から延べ13名が母校、秋田中央高校の選手に声援を送りました。
 平成29年7月15日(土)に予選リーグが行われ、秋田中央は、高鍋(宮崎)と関商工(岐阜)に快勝し、アシックスカップ決勝トーナメントに駒を進めました。
 翌16日(日)、決勝トーナメント1回戦で黒沢尻工業に快勝してベスト8に進出。2回戦は強豪、桐蔭学園(神奈川)と対戦し、戦力が上回る試合巧者の桐蔭学園に敗れ、ベスト4進出を阻まれました。選手は、江戸川から適度な風がスタジアムに入り込むも30度を超える猛暑の中、7人制特有のフェイントやスピードへの対応にかなり体力を消耗したことと思います。お疲れ様でした。
 予選リーグ及び決勝トーナメントに先生、保護者の皆様、ラグビー部OBが駆け付けて声援を送っていました。予選リーグ全勝及び決勝トーナメント1回戦で勝った時の保護者の皆様の笑みが印象的でした。東京一交会及び花園2回優勝、1回準優勝した秋田工業の元ラガーほか東京秋工会会長、南高校の東京南翔会会長も応援に駆け付けてくれて、競技場最寄駅近くで予選全勝祝勝会を行い交流を深めました。猛暑の中、競技場に足を運んでくれた皆様に心から感謝いたします。選手の皆さんには、夏合宿で身体づくりに励み、花園大会出場に向け頑張って欲しいと思います。

予選の戦績  VS 高鍋(宮崎)  27 対 14   VS 関商工(岐阜) 47 対 17
決勝トーナメント  1回戦 VS黒沢尻工業(岩手) 33 対 14   2回戦 VS桐蔭学園(神奈川) 12 対 26
 なお、決勝は、桐蔭学園を破った東福岡と東海大仰星を破った京都成章が対戦し、 26 対 19 で東福岡が優勝しました。 (2017.7.17 水沢誠一 記)。

【写真】
  黒沢尻工業に勝利し喜ぶ保護者の皆さん   桐蔭学園戦に向けアップするナイン   トライ&ゴールを決め反撃のキックオフ   桐蔭学園戦、声援する保護者の皆さん   ベスト8で敗れ退場する選手


■秋高連「ふるさと訪問(県北地区)」に8校31名参加

 秋高連「ふるさと訪問団」として、今回は県北地区を訪問(6/29、6/30)。現地集合、現地解散ということで、12校31名が参加(女性6名)。大館駅集合と云うことで新青森駅廻りで来た人と、秋田駅から奥羽本線で入った人はほぼ半々だった。自分は懐かしい車窓を見たかったので後者を選んだ。
 29日は、大館市役所を表敬訪問し市長と懇談。学校訪問は統合校の大館桂桜高校(大館桂、大館工業、大館高校が統合、平成28年4月開校)、それぞれの学校の伝統の良い所を残して頑張って行くと云うことで生徒達は笑顔だった。
 観光は、国指定天然記念物「長走風穴」を見学、森の中の冷蔵庫と云う感じで寒さを体験。一日の行事の終わり、夜は大館矢立ハイツで懇親会、交流・親睦を深めた。市役所から酒の差し入れが有り、部屋に戻ってからも大いに盛り上がった。
 30日は、秋田県で2番目に古い伝統校、大館鳳鳴高校を訪問。生徒達は翌日から学校祭と云うことで男女仲良く準備作業していた。
 企業訪問は、今話題の農薬散布用ドローンや南極スノーシェルター等を製造している東光鉄工梶A伝統工芸士の栗盛俊二さんの曲げわっぱ「栗久」で実演を見学。
 最後は、秋田犬会館を廻って15時半に大館駅で解散、楽しい二日間だった。   
 なお、今回の「秋高連ふるさと訪問」が30日の北鹿新聞に写真入りで大きく報道されていた。
 秋高連副会長の栗盛信太郎氏(大館鳳鳴高校)はじめ関係各位に心から感謝申し上げたい。(2017.7.1 東京一交会顧問 保坂悟 記、写真提供/秋高連幹事長の三平俊悦氏(秋田工高))
【写真】
  大館市長表敬訪問   秋田県立大館桂桜高等学校訪問   国指定天然記念物「長走風穴」観光   宿泊先「大館矢立ハイツ」   大館鳳鳴高等学校訪問
  大館曲げわっぱ「栗久(くりきゅう)」訪問   秋田犬会館訪問問


■第3回理事会の概要報告
 第3回理事会の概要は、次のとおりです。
日時:  平成29年7月1日(土)  15時45分〜17時45分
場所:  新宿区立新宿コズミックスポーツセンター3階会議室
出席者:  役員・理事19名
(審議事項等の概要)
1.各機関の活動報告
 一交会総会の結果及び東京一交会の第2回理事会以降の取組み状況、秋高連及びけやき会の行事の結果並びに今後の予定について、それぞれの担当役員から報告がありました。
2.今後の予定及び対応について決議した事項
・東京一交会の本年度総会の日時等
日時:  平成29年11月11日(土) 受付13時、総会13時30分、懇親会14時
場所:  アルカディア市ヶ谷(私学会館)
母校新校舎落成式(9月30日(土))への対応
 落成式当日のスケジュール等は後日確認することとし、お祝いの方法、式典・祝賀会への出席等については、母校90周年記念式典の時と同様に対応する。
秋田ふるさと応援団主催のチャリティ(8月19日(土))への対応
 今年は、新築した日本青年館で13時から行うことを確認し、参加者は会長に連絡すること。
その他秋高連のゴルフ大会&あんこう鍋(国民宿舎「鵜の岬」に宿泊する予定)、在京秋田市政情報交換会などの行事への対応については、次回の理事会で検討する。

3.任期満了に伴う役員の選出(案)について
 本年11月の総会を以って全ての役員・理事が任期満了となることに伴い、総会で承認手続きが必要となる三役及び会計監査について審議したほか会計及び理事選任について審議した結果、次のとおり決議されました。
三役は全員留任する。
会計監査は、1名から任期満了を以って退任したいとの申し出があることを踏まえ、留任する会計監査を除き新任候補者(案)を次回理事会で選出する。
会計2名は留任する。なお、今後のこととして、2名同時に改選するのを避けるため今のうちから候補者探索に努める。
理事は全員留任する。

4.その他
 次回の理事会を9月2日(土)、15時40分から、新宿区立新宿コズミックスポーツセンター3階会議室で行う。(2017.7.3 水沢誠一 記)


■■一交会総会に東京一交会から役員ら5名出席
 一交会総会が、6月24日(土)、13時30分から母校大講堂(階段式講堂)で行われました。改修工事が本年3月末までに竣工したのを機に、多くの同窓生に新校舎を見学してもらいたいことと併せ、総会を盛り上げたいとの趣旨から母校大講堂で行うに至ったとの報告が竹下会長からありました。
 議案審議に先立ち、渡部克宏校長先生から来賓挨拶があり、その中で卒業生の進路概況及びスポーツ、文化部の各種大会成績について報告がありました。いずれも一交会会報第60号に掲載されていますが、後輩たちが伸び伸びと進学及び部活動に取り組んで好成績を上げていることに対しエールを贈りたいと思います。
 総会では、竹下会長から28年度実績及び29年度計画としての重点事項3項目(母校改築への支援、支部新設など一交会組織の強化及び100周年記念事業の推進)の説明に続き、事業、決算及び監査報告並びに新年度の事業計画(案)及び予算(案)が上程され、審議の結果、いずれも原案通り承認、可決されました。これら議事のほか、役員改正(案)が上程され、改選前の役員全員の留任が議決されました。
 議事終了後、元プロ野球選手(大洋ホエールズ)三浦正行氏(S45卒)が「私と野球」演題に熱く語り、中でも、秋田中央高校を全国区に知らしめ更なる躍進を達成するには、「甲子園に出場することに尽きる」との野球人生に基づく提言に大きな拍手が湧き上がりました。
 恒例の懇親会は、会場を第一会館に移し、前日のゴルフ大会表彰式、ビンゴゲームなど和気あいあいと楽しいひと時を過ごしました。準備・進行に当たられた役員の皆さんに心から感謝いたします。(2017.6.26 水沢誠一記)
【写真】   竹下会長挨拶、役員席   審議中の議場一コマ   三浦正行氏の講演   渡部校長先生ご挨拶   懇親会での会長挨拶


■第8回 秋田竿燈浅草まつりが行われ、けやき会メンバーが後方支援

 好天に恵まれた6月3日(土)、4日(日)の両日、浅草寺界隈の商店街通りを舞台に第8回秋田竿燈浅草まつりが行われ、沢山の観覧客が秋田竿燈の妙技に見とれていました。
 夜7時から竿燈に火が入れられ、途中、ビル風で竿燈が倒れるスリリングな場面があり、そして瞬時に指し手によって復旧する様子に観覧客は酔いしれていた様です。
 観覧客の誘導等ボランティア参加したけやき会メンバーと観覧客の一人(秋田高卒)と連れ合い2名が飛び入り参加して、近場の居酒屋で慰労会を行って各校親睦を深め、良い気分で家路に就きました。母校卒業生の秋田竿燈保存会副会長の鈴木文明氏(44年卒)が指し手の指揮を執っていて、忙しく動いていた姿が印象的でした(2017.6.4 水沢誠一 記)
【写真】   浅草寺五重塔とスカイツリー   ボランティア参加のけやき会メンバー   産直物産店で秋田銘酒を販売するスタッフ   オレンジ通りでの演技   竿燈保存会お囃子   オレンジ通り商店街(火入れ)   奥山おまいりまち商店街奥山門前   観光客で賑わう浅草寺雷門


■次回の第3回理事会を7月1日(土)に変更
 一交会本部の総会が 6月24日(土) に行われることになりましたので、東京一交会の第3回理事会の日程を変更し、 7月1日(土) 、15時40分から新宿区立コズミックスポーツセンター3階会議室で行います。
■秋高連『29年度総会・交流会』に東京一交会から7名出席
 5月28日(日)、11時から九段北のアルカディア市ヶ谷(私学会館)で秋高連の総会・交流会が開催され、県北、県央、県南の各校同窓会から117名が参加しました。東京一交会からオブザーバーを含め役員、運営委員及び総会代議員ら7名に出席して戴きました。平成28年度事業報告及び決算並びに29年度事業計画及び予算等6つの議案が全会一致で議決されました。
 なお、本年の ミニハイキング は、 9月8日 (金)、横須賀猿島砲台跡探訪と決まりました。至近になりましたら詳細ご案内致しますので、奮ってご参加くださるようお願いします。(2017.5.29 水沢誠一 記)


■東京一交会、北光会東京支部主催「山手線徒歩一周の会」に3名参加し、2名が40Km
を徹夜で完歩しました。
 秋田大学旧鉱山学部卒等で構成する北光会東京支部主催の第27回山手線徒歩一周の会が、4月22日(土)夜8時〜23日(日)早7時半前後にかけて行われ、全体で19名がウオーキングに参加、ほか、朝食懇談会参加などを加えると全体で25名が参加し、秋田魁新報社東京支社の記者に上野駅まで同行取材して戴きました。東京一交会から3名(うち2名北光会員)参加し、全体で12名完歩(うち女性2名)する中、東京一交会は2名(うち1名は北光会員)完歩を果たしました。今年は4月3日に日本に赴任したばかりの英国籍の青年一人が参加するなど例年と違った雰囲気の中で行われました。残念だったのは、去年に続いて第一日目から完全な雨に見舞われ、未明の1時まで降り続けました。好き者のイベントかどうか別にして、今朝の東京新聞に「山の手一周ウオーク」が首都圏情報として載っていて、フルコース35Kmと表示されていました。朝8時半に上野公園を出発するとあるので、おそらく10時間〜11時間かけてゴールするウオーキングだと思います。東京は今、ハナミズキが綺麗に咲いています(2017.4.27 水沢誠一 記)。
  午後8時東京駅丸の内南ドーム出発前全員集合   2時57分渋谷駅ハチ公前   5時31分、最大難所の御殿山を越え品川駅を目指す一行   6時50分、新橋SL前の後続グループ   6時50分、朝食懇談会


■3月31日、東京一交会有志で千代田さくら祭りを楽しみました(五城目町ふるさと会が「だまっこ鍋」を販売)
 千代田区と姉妹都市を締結している五城目町のふるさと会の皆さんが、さくら祭り会場の靖国神社で秋田名物「だまっこ鍋」を販売するのが恒例行事となりました。東京が全国トップを切って3月21日に桜が開花しましたが、その後の低温により開花速度が鈍り、花見当日も底冷えし千鳥ヶ淵、靖国神社の桜は二分咲き?といった具合でした。
 東京駅で下車し、皇居お堀、北の丸公園を通って会場に向かいましたが、大手門前では早咲きのしだれ桜が満開で、たくさんの外国人観光客が写真を撮っていました。東京一交会の有志7名(ほか五城目町ふるさと会に所属する東京一交会の理事1名)が12時前後に集まり、だまっこ鍋(一杯450円)に舌鼓しながら、銘酒福禄寿で身体を温め、来場した五城目町、井川町など秋田県出身者と懇談しました。(2017.4.1 水沢誠一 記)
  皇居大手門のしだれ桜   千鳥ヶ淵の桜   靖国神社、千代田さくら祭りの様子


※■第2回理事会の概要報告
 第2回理事会の概要は、次のとおりです。
 なお、このHPをご覧になられた首都圏在住の中央高校卒業生には、東京一交会への参加、会費納入にご協力下さいますようお願い致します。
日時:  平成29年3月25日(土) 15時45分〜17時15分
場所:  新宿区立コズミックスポーツセンター3階会議室
出席者:  役員・理事16名
 (審議事項等の概要)
@ 平成28年度決算及び監査報告が満場一致で承認されましたので、11月11日開催予定の第34回総会に上程します。
A 平成29年度会務計画を議決しました。今後の主な計画は次のとおりです。なお、会議室予約の都合上、理事会の日程が変更になる場合は、HPでお知らせ致します。
 ・ 月28日(日)13:00〜 秋高連総会・交流会 於:私学会館「アルカディア市ヶ谷」(東京一交会から総会代議員など5名出席の予定)
 ・ 6月3日(土)〜4日(日) 恒例「浅草竿燈まつり」(東京一交会から、けやき会のボランティア活動に参加) 
 ・ 6月17日(土) 一交会本部総会(東京一交会から6名出席の予定)
 ・ 6月25日(日)15:40〜 第3回理事会、新宿区立コズミックスポーツセンター3階会議室
      ※6月24日(土)は会場予約できませんでした。
 ・ 6月30日(金)〜7月1日(土) 秋高連ふるさと訪問(大館鳳鳴高、大館桂桜高を訪問)(東京一交会から1名参加の予定)
 ・ 9月2日(土)15:40〜第4回理事会、新宿区立コズミックスポーツセンター3階会議室
 ・ 9月30日(土) 母校新校舎落成式(東京一交会から2名出席の予定)
 ・ 10月21日(土) 第5回理事会、新宿区立コズミックスポーツセンター3階会議室
 ・ 10月21日(土) けやき会高尾山ハイキング
 ・ 11月11日(土) 第34回東京一交会総会 於: 私学会館「アルカディア市ヶ谷」
 ・11月15日(水)予定 秋田市政情報交換会(けやき会秋田市政情報交換会実行委員として参加)
B 任期満了に伴う役員等の選任について説明があり、次回以降の理事会において協議することとしました。なお、深谷理事から申し出のあった理事辞任の件は、全員異議なく了解されました。
(2017.4.1 水沢誠一 記)

※理事会のお知らせ 終了
 日時:  3月25日(土) 15時40分〜
 場所:  新宿区立コズミックスポーツセンター3階会議室(いつも利用している所です)


■けやき会年度末懇親会旅行〜早春の房総浪漫紀行〜に東京一交会から4名参加

 3月5日(日)・6日(月)の両日、けやき会年度末懇親会旅行が行われ 19名参加し、うち東京一交会から 4名参加しました。
 午前10時、集合場所のJR西船橋駅をバスで大本山成田山新勝寺に向け出発。成田山は、来年(平成30年)、開基1080年の千載一遇の佳年に当たるそうです。真言宗智山派の大本山のお寺で、全国第2位の初詣客として有名ですが、家内安全や交通安全祈願のために来訪する方が多いそうです。近くの「米屋観光センター」で昼食を済ませ、山武郡横芝光町の坂田城跡梅まつり会場に向かいました。ここの梅林は、農家さんが収穫を目的に植えたものだそうです。商工会資料によると、坂田城跡の梅林は県内最大級で、樹齢50年の巨木が約1,000本あり、凛とした純白の花が一斉に開花した景観は圧巻で、あたり一面に梅の甘い香が漂うそうです。梅と菜の花は最盛期を過ぎていましたが、菜の花を摘む人、甘酒の無料サービスに舌鼓する人や焼きネギを食す来訪者など結構な賑いでした。第一日目の最後は、宴会用のお酒仕入れを兼ねて、山武市蓮沼の「守屋酒造」を尋ね、新酒の数々を試飲しました。ここでも甘酒の試飲ができ、旨さにつられ吟醸酒粕を購入する姿が散見されました。小生も間もなく自家製に挑戦します。
 今回は、犬吠埼灯台を望むスパ&リゾート太陽の里「犬吠埼」を宿泊先に選び、ゆっくりと温泉につかった後、プレ懇親会で喉を湿らせてから本番の懇親会と相成りました。毎度のこと、面白い話や唄で盛り上がり、酒が捗りました。
 第二日目は、銚子電鉄に乗車し、終点の銚子駅までの16分間、車窓にキャベツ畑を眺めながら「ぶらり旅」を味わいました。沿線の駅名の難さが印象的でした。銚子電鉄直営店で「ぬれ煎餅」の手造りを体験(うるち米の生地を焼きながら生地の1.5倍まで面を伸ばす→これ以上伸ばせなくなったら本格的に狐色まで焼く→1回ぽっきり「たれ」に浸す(繰り返しは御法度)→出来上がり)。次に、銚子漁港魚市場の第1卸売市場で「まぐろのせり」を見学。市場は、第3卸売市場まであって、開設者及び卸売人は銚子市漁業協同組合で、2015年の水揚高は約235億円。さばがシェア第1位で全体の42%(数量で67%)、2位がまいわし9.5%、まぐろはめばち5.4%で第3位、びん長が4.2%で第6位といった具合(銚子市漁業協同組合資料による)。昼食を銚子漁港直営食堂で摂り、殆どの方が海鮮丼か刺身定食を食べたようです。驚いたのは、一人もお酒を注文しなかったことです。昨夜の飲酒量が想像されます。今回も最後に多古「道の駅」に立ち寄り買い物を楽しんだ後、JR西船橋駅に予定より少し早く15時過ぎに到着、それぞれ帰宅の途に就きました。二日目、小雨でしたがさほど寒くも無く楽しい一泊旅行でした。参加者の皆さん、お疲れ様でした。(2017.3.7 水沢誠一 記)。
  菜の花を摘む人   守屋酒造にて   まぐろせり市場   スパ&リゾート犬吠埼 別館「海と森で


■東京一交会「2017新春の集い」に22名参集し、楽しく歓談しました。

 2月4日(土)17時から2時間余り、原宿の東郷神社内にある水交会館において「2017新春の集い」を開催しました。当日は、午後から陽射しが戻り、気温13度と穏やかな日和に恵まれ、役員等22名に出席していただきました。会場の水交会館は、運よく他に会議等の利用がなく貸切でゆっくりと歓談できました。今回は、松花堂弁当(お吸い物、茶碗蒸し付き)&オードブルをおかずにお酒を戴き、箱根駅伝や母校の原風景(昭和30年前後の校舎周辺は砂漠状態であったとのことです)など、沢山の方からスピーチがあり、これまでと趣の違う大変愉快な集いとなりました。添付写真のカワセミは東京都日野市の鳥だそうです。当会の菊地相談役が日野に住んで30年間カワセミを見たことがないことを契機に、毎朝、約1時間の散歩のときカメラを携行し、カワセミの写真を撮ることにチャレンジ、その成果が添付の写真です。この写真を巡り後輩から「本当に撮ったのですか?」とほろ酔いの勢いでジョークが発せられ、会場を沸かせる一幕がありました。このようなことから改めて皆さんに見事な瞬間を見せたくて写真を添付しました。中締めを三橋会計監査にお願いし、料理等を含め講評して戴いたところ、大変良かったとコメントがありました。多くの仲間は、近くの居酒屋で二次会を楽しんだあと帰宅の途に就きました。出席して下さった皆様、お疲れ様でした(2017.2.5 水沢誠一 記)。
  東京一交会2017新春の集い.   カワセミ(東京一交会菊地相談役撮影).   2017元旦のダイヤモンド富士(東京一交会会長の友人撮影).   池上本門寺境内かわづざくら(大田区).


■平成29年 在京秋田県人新春交歓会に東京一交会から6名出席

 平成29年度在京秋田県人新春交歓会が、1月26日(木)、午後6時30分から東京千代田区飯田橋のホテルグランドパレス「ダイヤモンドルーム」で行われ、370名程の出席があり、東京一交会から6名出席しました。開会に先立ち、北秋田市の前山郷土芸能保存会による「獅子踊り」が披露されました。また、同保存会は余興で秋田追分、秋田大黒舞の民謡と舞、ユーモアのある「魚子(じゃこ)釣り舞」を披露してくれました。
 佐竹知事からも挨拶の中で花輪ばやし、土崎湊祭り(曳山)、角館祭りのやまが、「山・鉾・屋台行事」ユネスコ無形文化遺産に登録された旨、改めて紹介がありました。秋田は郷土芸能の宝庫であることを嬉しく思う次第です。また、知事から学士出身力士の豪風関が初場所で好成績を上げたこと(一斉に拍手が湧きあがりました)、9月、第30回全国健康福祉祭あきた大会(ねんりんピック秋田2017)を開催すること、農業部門の生産高が伸びてきていること、人口減少の中にあって昨年200名に移住してもらったこと、由利本荘市が住みたいまち順位で東北NO1であったことなど新春グッドニュースの紹介がありました。
 交歓会は、秋田料理コーナーに秋田産長芋を下ろした山かけご飯、芋っ子汁、なた漬、いぶりがっこ、タラ・カスベの煮つけ、ハタハタ寿司などが並び、また、メインコーナーには数々のオードブルが用意され、秋田銘酒を酌み交わしながらの新春にふさわしい賑やかさでした。東京一交会から出席して下さった皆さんには遅くまでお疲れ様でした(2017.1.27 水沢誠一 記)。
  前山郷土芸能   佐竹知事挨拶   鏡開き   大相撲初場所好成績の豪風関を囲んで   ふるさと応援団「秋田への応援エール」


■秋高連・28年度フェスタに東京一交会から14名出席

 平成28年12月7日、東京都千代田区九段北のアルカディア市ヶ谷(私学会館)に於いて秋高連・28年度フェスタが行われ、秋田県に縁のある来賓38名及び在京の全県35校同窓会から248名が出席されました。東京一交会から役員等14名出席したほか、来賓として佐藤哲男千葉大学名誉教授が出席されました。
 第一部講演は、モントリオール五輪女子バレーボール金メダリストの荒木田裕子氏(角館南高卒(現角館高))が、「秋田からオリンピックへ」を演題に、現役時代の猛練習の凄さを披露してくれました。また、今年のリオデジャネイロ五輪において、日本バレーボール協会女子強化委員長として練習会場の設営などに陣頭指揮を執られたことなど苦労話が紹介されました。そして、結びとして、2020年東京オリンピックにおいて、秋田県出身の選手にメダルを獲ってもらいたい旨、期待を示され会場から大きな拍手が湧きあがりました。
 第二部は来賓挨拶等のセレモニーに続き、秋田銘酒で乾杯し懇談に入りました。今年も秋高連手造りの芸能プログラム(民謡披露)に加えプロの歌手による歌謡ショーが賑やかに披露されました。県北、県央、県南の垣根を越えて交流を深めるとともに、各界著名人と懇談するなど楽しいひと時を過ごしました。お開きのあと、近くの居酒屋で他校同窓会メンバーと一緒に二次会を行い、日をまたぐ寸前、それぞれ帰宅の途に就きました。秋高連フェスタを以って東京一交会の28年度会の行事は終了となります。ここに役員及び会員の皆様に対しまして心からお礼申し上げます。
 来年は、2月4日(土)、役員・理事会に続いて新年会を行う予定です。会場等決まり次第、事務局からご案内申し上げます(2016.12.8/東京一交会会長 水沢誠一 記)。
  荒木田裕子氏の講演   秋田の高校スポーツ・文化振興の募金のため「なまはげ」が登場   橋本五郎氏と東京一交会の皆さん


■東京一交会 第33回総会・懇親会が盛会裡に終えました
 平成28年11月12日(土)、13時30分よりアルカディア市ヶ谷(私学会館、東京都千代田区九段北4丁目2番25号)において、渡部克宏校長先生、小番巌元校長先生、竹下博英一交会会長、繁野貞子同副会長及び倉橋照子一交会関西支部会長にご出席を賜り、東京一交会会員63名が出席して第33回総会及び懇親会を行いました。
 総会において、会長が議長を務め、それぞれの担当役員から平成28年度会務報告、平成27年度決算報告及び平成27年度会計監査報告があり、審議の結果、いずれも原案どおり承認されました。また、平成29年度においても28年度と同様の活動を行う旨、事務局長から説明がありました。
 続いて、第二部の懇親会に入り、御来賓紹介の後、渡部校長先生、竹下一交会会長及び倉橋一交会関西支部会長から、それぞれ挨拶がありました。校長先生から、母校における重点事項として「@進学実績を高めること、A部活で一つでも多く全国大会出場を果たすこと、Bスパーサイエンスハイスクール(SSH事業)の次の5年間の新規認定を目指し、理系に強い高校にすること」との紹介がありました。また、28年度末までに校舎改修工事が終わるのを機に、来年の9月30日(土)、新校舎竣工祝賀会を催す予定との報告がありました。教職員、生徒一丸となって、自主 友愛 躍進の校訓の下、目標が達成されますよう祈念します。
 また、本部一交会の竹下会長から、4年後の母校創立100周年(1920年土崎町立実科高等女学校設立)の記念事業に向けた取り組み及び会費納入について協力の呼びかけがありました。この後、イベントとして、当会の地主英夫相談役のハーモニカ独奏及び伴奏による童謡唱歌が披露されました。また、フォークソンググループ「マイ・ペース」のリードボーカル森田貢さん(47年卒)のミニライブがあり、同期生が横断幕(東京へはもう何度も行きましたね)で声援を贈り会場を沸かせました。盛り上がった頃を見計らい、東京一交会恒例のドアプライスがあり、きりたんぽ、新米あきたこまち、秋田の味噌漬けがっこ、鯉川(:現 三種町)のとろろ昆布など秋田名物を30名近くの参加者が獲得し、大喜びの様子でした。余韻さめやらない中、予定になかった「一交会 花まるっ音頭」の踊りを花柳喜久朗師匠先導で披露してくれました。最後に演出・プロデューサー嶋田親一さんによる「和の一文字をもって目出度く三本で〆させて戴きます」との発声の下、三本〆めをもって懇親会を閉じました。
 二次会は同会場の別の部屋に移り、語り合い中心で旧交を温めました。小春日和の穏やかな陽気に恵まれ、盛会裡に終えることができましたことに対し、御来賓の皆様、東京一交会会員の皆様に対し役員一同心から感謝申し上げます。2016.11.13 東京一交会 会長 水沢誠一
  東京一交会第33回総会・懇親会   マイペース森田貢さん(S47)ミニライブ


■平成28年度在京秋田市政情報交換会が行われ、東京一交会から19名出席
 11月1日(火)、東京都千代田区九段北のアルカディア市ヶ谷(私学会館)において、平成28年度在京秋田市政情報交換会が行われ、秋田市に関係のある各界代表の皆様をはじめ、秋田市長ほか議会・市職員及びけやき会メンバー(首都圏に在住する秋田市内高校同窓会会員、郷土会会員及び秋田市東京事務所職員で組織される団体)の総勢180余名が出席、東京一交会から19名出席したほか、秋田中央高卒の4名がご来賓として出席されました。穂積秋田市長から新庁舎建設に係る財源、各部署の機能(災害時の非常用設備、情報受発信システムなど)及び県・市連携による文化施設整備など秋田市の近況についてご報告がありました。また、ご来賓を代表してダンサー・振付師として国内はもとよりヨーロッパなど世界各国で活躍されているYOSHITAKA氏(本名/鈴木祥高、秋田高卒)が秋田民謡の三味線とジャズダンスのコラボによるパフォーマンスを披露され、会場は熱気に包まれました。今年は、けやき会各校同窓会・郷土会から、「秋田市への応援メッセージ」が寄せられていて、新鮮味が感じられました。(2016.11.2/水沢誠一 記)。
  来賓代表挨拶(ダンサー・振付師YOSHITAKA)   橋本五郎氏を囲んで   穂積秋田市長市政情報報告   穂積市長を囲んで


■けやき会恒例の高尾山ハイキングに5校同窓会から19名、うち東京一交会から2名参加
 10月15日(土)、けやき会恒例の高尾山(標高599m、年間登山客約300万人は世界一)ハイキングが行われ、在京秋田市高校同窓会から5校19名、うち東京一交会から2名参加しました。ここ何回かは天候に恵まれず冷雨の中での登山を強いられましたが、今回は絶好の秋晴れとなり、適度の運動量と秋の陽光&山の新鮮な空気によりリフレッシュすることができました。
 今年もそれぞれ体力に合わせ、ケーブルカー利用組と登山組(往路は稲荷山コース、復路は琵琶滝コース)とに分かれ頂上を目指しました。休憩込みで公称90分のところ、健脚揃いだったせいか先頭は80分で到着、後続も大きく遅れることなく予定の時刻までに到着。先に着いていたケーブルカー組と合流し、野外での昼食を楽しみながら親睦を深めました。自家製の漬け物、柿、梨、りんご等季節の果物や珍しい干芋を分けてもらい有難うございました。
 下山後、馴染みのお蕎麦屋さんで喉を潤しつつ、名物の蕎麦を食しながら、お互い労をねぎらいました。紅葉には少し早いハイキングでしたが、最高の日和に恵まれ楽しいひと時でした。参加下さった皆さんお疲れ様でした。(2016.10.16/水沢誠一 記) 。
  ケーブルカー清滝駅前広場 高尾山旭稲荷(稲荷山コース)   高尾山旭稲荷(稲荷山コース)     高尾山頂上


■第4回 秋高連親睦ゴルフ大会に東京一交会から3名参加
 第4回目となる秋高連親善ゴルフ大会が、10月7日(金)、常陸太田市岩手町のスパ&ゴルフリゾート久慈にて行われ、全県14校の在京同窓会から36名、うち東京一交会から3名参加しました。当日は、台風18号の影響もなく絶好の天気に恵まれ、プレーを楽しむと共にクラブハウスで行われた表彰式&パーティーで親睦を深めました。
 優勝は、井島捷之氏(秋田工高)、準優勝が田中義雄氏(大館鳳鳴)でした。各賞及び参加賞は、ゴルフ場提供品を除き、全て秋田の物産を用意しました(こまち新米2kg、清酒各銘柄、りんごジュース箱詰、カレー&稲庭うどん、にしん昆布巻、にしん姿焼き、さなづら、枝豆など)。
 参加校は次のとおりです(順不同)
 横手高、大館鳳鳴館、秋田工高、大曲工高、湯沢翔北高、秋田商高、秋田中央高、大曲農高、金足農高、本荘高、横手工高、明桜高、雄物川高、秋田南高の36名です。
 参加者の皆さん、お疲れさまでした。(2016.10.11/水沢誠一 記)。
第4回秋高連ゴルフ大会参加者


■平成28年度 第4回理事会の報告(抄)
 平成28年9月3日(土) 15時50分〜17時30分、新宿区立新宿コズミックスセンター3階会議室で第4回理事会を行い、役員・理事22名が出席しました。 

議題1.報告事項
 6月25日に行った理事会以降の母校及び一交会の関係、秋高連及びけやき会実施事業の報告と当面の行事及び参加者の確認をしました。
 参考までに参加者を募集している行事を列記します。
10月15日(土) けやき会「高尾山ハイキング」(参加希望者は水沢会長にご連絡下さい)
11月1日(月) けやき会「秋田市政情報交換会」(参加希望者は平賀副会長にご連絡下さい)

議題2. 第33回総会・懇親会に向けて
 懇親会の企画内容を検討、確認するとともに、会員への案内その他作業を含め必要事項を決定しました。
 今年は11月12日(土)、13時受付開始、13時30分開始です。場所は例年と同じアルカディア市ヶ谷(私学会館)です。
 開催案内を9月15日に郵送する予定です。沢山参加下さいますようお願いします。

議題3.その他
佐藤顧問から、「はなぶさ会」の舞踊観覧(10月8日(土))の案内がありました(観覧希望者は平賀副会長にご連絡下さい)。
保坂顧問から、秋高連ふるさと訪問(県南地区)参加の報告と秋田ふるさと応援団主催のチャリティイベント(9月24日(土)、水交会館(原宿))への参加呼びかけがありました(参加希望者は水沢会長にご連絡下さい)。

次回理事会の予定
 平成28年10月22日(土)、15時40分から新宿区立新宿コズミックセンター3階会議室で行います。
(平成28年10月1日記 東京一交会会長 水沢誠一)


■東京一交会、9月25・26日、小田原城&箱根湯本温泉1泊旅行を行いました
 秋雨前線の停滞で雨の日が続きましたが、旅行当日は2日間とも絶好の行楽日でした。13名(うち女性7名)に参加して戴き、中型サロンバスでの旅、とても快適でした。行程のとおり、歴史探訪と箱根駒が岳の自然及び森の中の美術館巡りなどバラエティに富んだ楽しい旅行でした。
(行程)
 東京駅丸の内〜東名海老名サービスエリア〜小田原城〜(昼食)〜かまぼこ店、お菓子の「ういろう」〜箱根湯本温泉(泊)
 2日目 ホテル〜駒ヶ岳ロープウェイ〜箱根芦ノ湖〜関所〜(昼食)〜ポーラ美術展(ルソー、フジタ(嗣治)、写真家アジェのパリ特別展を観覧)〜東京駅丸の内
  箱根関所にて
 (2016.9.27水沢誠一記)


■母校ラガーが健闘
 アシックスカップ2016第3回全国高校7人制ラグビー大会が7月16日(土)〜18(月)に行われ、2年連続出場の秋田中央高校は、予選Jプールを第1位で突破し、ベスト16で戦うカップトーナメントに進出しました。予選2試合の成績は、つるぎ高校(徳島)を31対14で、倉吉東高校(鳥取)を39対0と寄せ付けず快勝しました。カップトーナメント1回戦は古豪の御所実業高校(奈良)と対戦し、前半7-24、後半12-14、合計19-38で敗れました。予選会場の江戸川区立陸上競技場及びカップトーナメントの江東区夢の島競技場にラグビー部OB、東京一交会役員らが駆け付け声援を贈りました。出場選手の皆さんお疲れさまでした。正月の花園大会に向け体力、気力、脚力に磨きを掛けて一層たくましく成長して下さい。大いに期待します。東京一交会から両日延べ13名の役員が応援に駆け付けてくれました。有難うございました。なお、福岡東高校が伏見工業・工学院高校を19-15で破り優勝しました(2016.7.18 水沢誠一 記)。
  秋田中央高校健闘


■平成28年度 第4回東京一交会理事会の会場のお知らせ
 日時: 9月3日(土) 15時40分〜
 場所: 新宿コズミックセンター3階小会議室(いつも使用している施設です)
 住所: 新宿区大久保3-1-2  電話: 03-3232−7701
 2016.7.8/東京一交会


■秋高連第5回「ふるさと訪問(県南編)」に東京一交会から保坂顧問が参加
 ふるさと応援が目的である秋高連の「ふるさと訪問」が、県南の伝統校・大曲農業高校と統合校の角館高校(角館高校・角館南高校)の2校を選定し、6月30日から7月1日、1泊2日の行程で行われました。
 県北、県央、県南の秋高連加盟各校同窓会から31名参加しました。東京一交会から参加した保坂顧問から「素晴らしいふるさと訪問であった」との感想が寄せられました。
 秋高連ご一行は、大仙市役所、大曲農業高校、仙北市役所、角館高校を訪問したほか、観光名所の角館武家屋敷(目黒家・青柳家)、千畑発展の礎を築いた明治の先覚者、坂本東嶽邸や美郷町(旧千畑村)の満開のラベンダー畑に足を運んだようです。大曲農業高校、角館高校には今後益々の発展を祈念するとともに、大仙市及び仙北市には豊富な観光資源及び豊かな自然に根付いた特徴ある発展を望みたいと思います
 (2016.7.4/水沢誠一 記、写真提供/東京雄水会(秋商)畑澤富美夫氏)。
  大曲農業高校   角館高訪問   角館武家屋敷訪問   坂本東嶽邸   ラベンダー


■アシックスカップ2016第3回全国高等学校7人制ラグビー大会組合せ決定
 −東京一交会からの応援よろしくお願いします−
全国高校7人制ラグビー大会の組み合わせが決まりました。
 秋田中央高校は、予選プールJ組になり、J組の日程は下記の通りとなりました。
 本大会は、各組予選総当たり(A組〜P組までの全16組48校)を行い、決勝トーナメントは各組予選の成績に応じて、カップ、プレート、ボウルの各トーナメント戦を行い、勝者を決める方式です。
 つまり、出場校はいずれかのトーナメントに進むことになるので、最低、3試合は戦うことになります  炎天下での試合が予想されますが、皆さんの応援よろしくお願いします(2016.7.4/水沢誠一 記)。
 記
 7月16日(土曜日)
  第1試合 15:40 倉吉東(鳥取) VS つるぎ(徳島)
  第2試合 17:00 つるぎ(徳島) VS 秋田中央
  第3試合 18:40 倉吉東(鳥取) VS 秋田中央
  会場は、江戸川区陸上競技場(東西線西葛西駅 徒歩18分)です。


■東京一交会第3回理事会の報告(抄)
 平成28年6月25日(土)、新宿区立コズミックスポーツセンター3階大会議室で第3回理事会が行われ、役員・理事20名が出席しました。

(1) 母校及び一交会、秋高連及びけやき会における活動等について、母校で教職員の異動があり渡部克宏校長先生が着任されたこと、一交会総会の概要、秋高連が計画している「ふるさと訪問(6/30〜7/1大曲農高、角館高訪問)」、「ミニハイキング(9/14葛飾柴又帝釈天)」など、また、けやき会から浅草竿燈まつりボランティア参加、秋田市新庁舎完成記念植樹に参加したこと等の報告がありました。今後予定されている行事への参加、よろしくお願いします。

(2) 第33回東京一交会総会・懇親会(11月12日(土)、アルカディア市ヶ谷(私学会館)、受付13時〜、総会13時30分〜)に向けた取り組みについて検討し、9月15日に予定している案内発送の取扱いを確認しました。なお、総会当日の企画・役割分担は次回の理事会で検討することを確認しました。

(3) 9月25日(日)〜26日(月)に一泊旅行を企画することを決定し、小田原・箱根方面を念頭に事務局長に計画策定をお願いしました。沢山の参加、よろしくお願いします。

(4) 母校ラグビー部が、7月15日〜18日、東京夢の島競技場、江戸川陸上競技場で行われる第3回全国高等学校7人制ラグビーフットボール大会に出場する旨、報告がありました。組合せ及び試合会場が決まり次第お知らせしますので、応援よろしくお願いします。

※次回理事会の予定
 9月3日(土)、15時40分から新宿区立コズミックスポーツセンター会議室で行います(会場予約が7月7日に分ります。変更の場合を含め改めてHPに掲載します) (2016.6.26/水沢誠一 記)


■平成28年度一交会総会・懇親会に東京一交会から7名出席
 平成28年度一交会総会が、6月18日(土)、午後3時から第一会館(秋田市大町5丁目4-28)で行われ、会員63名が出席し(うち、東京一交会から7名出席)、また、来賓として母校から4月に着任された丸山隆事務長が出席されました。
 
竹下会長から母校100周年記念事業に向けた取り組みなど当面の重点項目について説明があり、その上で、平成27年度事業報告、収支決算報告ほか及び平成28年度事業計画(案)、同予算(案)など上程された全ての議案が全会一致で承認されました。この中で、一交会HPをリニューアルする(案)の説明もあり、一交会会則を掲載することを含め同HP案が承認されました。
 総会閉会後、講演会が行われ、タレントのシャバ駄馬男氏(S62卒)が、「ローカルタレント20年」を演題に、母校での想い出や卒業後の職歴をはじめラジオ、テレビ番組出演の20年を振り返り、独特の話術で会場を沸かせました。
 休憩を挟み懇親会が行われ、会員57名、来賓として4月に着任された渡部克宏校長が出席されました。渡部校長先生が挨拶の中で「第七次秋田県高等学校総合整備計画(28年度〜37年度)」について触れられ、母校中央高校が同整備計画において、「進学に関する指導体制の充実」を検討して行く高校に指定された旨、紹介されました(県北、中央、県南合わせて10校を指定)。同整備計画は、5年後の後期計画(33年度〜37年度)開始前の32年度に評価、見直しが行われること、また、評価される平成32年度が学校創立100周年に当たることから目標達成に向け取り組んで行くとのことです。母校の大学進学及び部活動の益々の活躍を祈念したいと思います。懇親会は、前日行われたゴルフ大会の表彰で盛り上がり、また、恒例のビンゴ大会で楽しむなどして懇親を深めました(2016.6.19/水沢誠一記)。
    平成28年度一交会総会写真1   平成28年度一交会総会写真2   平成28年度一交会総会写真3


■ けやき会、秋田市新庁舎完成記念行事「市長表敬訪問&記念植樹」
 平成28年6月3日(金)、けやき会の工藤会長(金足農高東京同窓会長)はじめ役員、各校代表8名が秋田市新庁舎完成を祝い穂積秋田市長を表敬訪問し、市の木「けやき」を記念植樹寄贈しました(写真参照)。
 けやき会メンバーは、記念行事終了後、元秋田市東京事務所長、職員との懇親会に臨み、懐かしい話に想いを馳せ交流を深めました。東京一交会から参加して下さった保坂顧問、有難うございました(28.6.6 水沢誠一記)。
    秋田市長表敬訪問   記念植樹   記念植樹けやき会プレート   記念植樹参加者一同


■ 第7回「秋田竿燈浅草まつり」に東京一交会役員が観覧客の安全対策のため参加
 恒例の「秋田竿燈浅草まつり」が5月28日(土)、29日(日)、浅草寺周辺の商店街
通りで行われ、秋田市竿燈保存会から大若3本が出演し妙技を披露してくれました(添付写真参照)。
 秋田竿灯浅草まつりは、浅草の二つの商店街振興組合が主催し、秋田市東京事務所、けやき会が秋田市の観光振興及び竿燈演技中の観覧客の安全対策、産直のお手伝いのため参加しています。けやき会メンバーとして東京一交会から役員2名がボランティア参加してくれたほか、役員数名が竿燈演技の観覧に駆け付けてくれました。両日とも絶好の天気に恵まれ、観光客は竿燈の妙技に酔いしれたことと思います。参加してくれた東京一交会役員の皆さんお疲れさまでした(5月30日、水沢誠一記)。
    奥山おまいりまち商店街(奥山門前)   花やしき通り商店街での妙技   まるごとにっぽんイベント広場   灯りを入れた竿燈(オレンジ通り商店街)


■北光会東京支部主催の「山手線徒歩一周の会」に東京一交会から5名参加し、
         うち3名が11時間42Kmを完歩
 秋田大学旧鉱山学部北光会東京支部主催による恒例の「第26回山手線徒歩一周の会」が、4月23日(土)夜8時から翌24日(日)午前7時半にかけて行われ、全体で16名が参加しました。その中で、今年も東京一交会から有志5名(うち2名北光会会員)参加し、3名が29駅、約11時間かけて42KMの道程を完歩しました。
 出発間もなく霧雨状の雨が降ったりやんだりの天気でしたが、気温が高く歩行に特に支障とならなかったものの、五反田駅から上野方面行き4時56分の始発電車が出る頃から雨足が強まり、品川駅からのラスト7Kmは強風も加わりびしょ濡れで東京駅八重洲口に滑り込みました。今回、秋田から駆け付けた米寿の北光会会員が完歩し、自ら持つ記録86歳を更新されました。まさに驚くほどの健脚でした。
 朝食懇談会の会場で暖房をつけてもらい、弁当を囲みながら生ビールで喉を潤し、お互い労をねぎらうなど2時間の有意義な懇談を終え、それぞれ帰路に就きました。参加して下さった東京一交会の有志の皆様、お疲れ様でした。(2016.4.24/水沢誠一記)。
    上野駅公園口   目白駅0時15分   恵比寿ガーデンパレス   品川駅を目指す一行   朝食懇談会


■平成28年度 第3回東京一交会理事会の会場のお知らせ
 日時: 6月25日(土) 15時40分〜
 場所: 新宿区立コズミックスポーツセンター3階大会議室(半面使用)
  2016.4.21/東京一交会


■ 28年度秋高連総会・交流会に東京一交会から6名出席
 28年度在京秋田県高等学校同窓会連合会(秋高連)の総会・交流会が、平成28年4月16日(土)、午前10時45分から東京都千代田区九段北のアルカディア市ヶ谷(私学会館)において、県北、県央、県南の在京高校同窓会から100名余出席し盛大に行われました。東京一交会から総会代議員2名のほか、会員4名の計6名が出席しました。東京一交会の皆様、有難うございました。
 執行部から提案された平成27年度活動報告及び決算等、また、平成28年度活動方針(案)及び予算(案)ほか全ての議案が原案どおり承認されました。この中で、例年秋に実施してきた秋高連フェスタを平成29年度から総会と統合し、同日に開催することとなりました。従って、平成28年12月7日(水)に予定している秋高連フェスタが最後となります。また、各校同窓会に評判の良い秋高連ミニハイキングは、9月14日(水)、彫刻ギャラリーで有名な柴又帝釈天を巡る予定です。昨年は「蔵のまち小江戸川越」でした。東京一交会からの参加よろしくお願いします(2016.4.18/水沢誠一記)。
  写真1   写真2


■17回全国高等学校選抜ラグビーフットボール大会出場の秋田工業高校、金足農業
高校を応援(熊谷ラグビー場)
 櫻満開の埼玉県熊谷ラグビー場で全国高校選抜ラグビー大会が、3月30日から32校による予選リーグが始まり、東京一交会から有志延べ6名が、Aグループの秋田工業高校(Aグループは、秋田工、伏見工、大分舞鶴、開催県の深谷工)及びDグループの金足農業高校(Dグループは、金農、國學院栃木、土佐塾、佐賀工)の応援に駆けつけました。
 去年、母校秋田中央高校が出場した際、秋田工業高校、能代工業高校など秋田ふるさと応援団から暖かい声援を戴いたので、東京一交会有志が熊谷ラグビー場に駆け付け、秋田工及び金農に声援を送りました。
 東北大会優勝の秋田工は、2勝1敗の好成績を挙げるも伏見工が全勝で決勝トーナメントに進みました。また、大会実行委員会推薦枠で出場した金農は、1勝2敗と善戦しました。
 なお、秋田工の対戦成績は、それぞれ伏見工76-31、深谷工7-33、大分舞鶴5-32で2校に快勝しました。秋田から応援に駆け付けた父兄の皆さんは、櫻満開の会場で、秋工ラガーがリーグ戦残り2試合に快勝したので、気持ちよく帰秋されたことと思います。
 4月7日、決勝が行われ東福岡高校が桐蔭学園高校に33対17で勝利し、優勝しました。母校秋田中央高校ラガーには、花園3年連続出場を目指して日々練習に励んで戴きたいと思います。
 予選リーグの応援に駆け付けてくれた東京一交会役員の皆さんお疲れ様でした(28.3.7 水沢誠一記)。 


■千代田さくらまつり、五城目町ふるさと会直売の「だまこ鍋」を賞味(靖国神社)
 東京地方は、3月23日に櫻開花が宣言されましたが、その後暫く寒い日が続いたため、東京一交会花見会の26日は花より団子でした。
 千代田区と友好都市を結んでいる五城目町ふるさと会の皆さんが、地元調達の「だまこ鍋」を直売。暖かい「だまこ鍋」を賞味しながら花見のひと時を楽しみました。添付写真のとおり、五城目町ふるさと会の取り計らいで店頭裏にシートを敷いてもらい、「だまこ鍋」を食べながら仲間と懇談しました。当日は、首都圏秋田県人会連合会の役員も見えられ、ふるさとの皆さんと懇談されていました。東京一交会の席にマイ・ペース(バンド)の森田さん(47卒)の姿があり、同期と久しぶりに懇談していた様です。花見なのに桜がないと寂しいので、大田区池上本門寺及び同呑川の満開の桜を添付しました(4月4日撮影)。千秋公園の見ごろは4月中旬から下旬のようです(水沢誠一記)。
  写真1   写真2   写真3   写真4


■第2回理事会の報告(抄)
 平成28年3月26日(土)、新宿区立コズミックスポーツセンター3階大会議室で第2回理事会を開催し、平成27年度決算・会計監査報告を承認し、総会に諮ることを議決しました。
 また、収支改善のため、会費納入者を増やす努力が必要であること及び総会・懇親会の費用対効果を向上するための検討が必要であることを申し合わせ、第33回東京一交会総会・懇親会に向けた取り組みと併行して検討して行くことを確認しました。
 そのほか、秋高連、けやき会の行事計画の報告があり、東京一交会役員・会員に参加を呼びかけました。
 第33回東京一交会総会・懇親会 に向けた当面のスケジュールは次のとおりです。
 6月の理事会 6月25日(土) ただし、会場予約できない場合は7月2日(土)
 9月の理事会 9月3日(土) ただし、会場予約できない場合は9月10日(土)
 9月15日 総会・懇親会ご案内を発送 出欠回答〆切り10月15日
 10月の理事会 10月22日(土) ただし、会場予約できない場合は10月29日(土)
 11月の理事会 11月9日(水)  会議・総会資料袋詰め
 11月12日(土)  第33回東京一交会総会・懇親会
 日時: 平成28年11月12日(土) 受付/13:00〜 総会/13:30〜 懇親会/14:00〜(昨年の例、決定次第お知らせします)
 場所: アルカディア市ヶ谷(私学会館) 住所/〒102-0073 東京都千代田区九段北四丁目2-25 電話/03-3262-9921(代)
 最寄駅 JR線(各駅停車)市ヶ谷駅、地下鉄新宿線市ヶ谷駅A1-1 A4出口、有楽町線・南北線市ヶ谷駅A1-1出口
 ※アルカディア市ヶ谷は、各出口から徒歩約2分と便利な所にあります。
 (注) 理事会については、会場確定次第、 HPでお知らせします。
 連絡先:  東京一交会


■第2回 役員・理事会を開催します。
 日時:平成28年3月26日(土) 15時40分〜
 会場:  新宿区立新宿コズミックスポーツセンター3階大会議室(新宿区大久保3-1-2 電話03-3232-7701)
■千代田さくらまつり(だまっこ鍋販売)のご案内
 恒例の「千代田さくらまつり」が行われます。
 東京一交会の斉藤理事が、ふるさと五城目会の会員として、だまっこ鍋販売に当たることから、今年も有志によりお花見を行い、終了後、役員・理事会に出席することを申し合わせました。
 ご都合のつく方は、直接会場の靖国神社「五城目ふるさと会露店前」に集合してください。
 日時: 平成28年3月26日(土) 12時〜
 会場: 靖国神社「五城目ふるさと会露店前」
 連絡先:  東京一交会会長 水沢誠一

    奥山おまいりまち商店街(奥山門前)   花やしき通り商店街での妙技   まるごとにっぽんイベント広場   灯りを入れた竿燈(オレンジ通り商店街)


■平成28年2月7日、東京一交会の新年会が24名出席のもと、和やかに行われました。(東京一交会会長 水沢誠一)
  写真1   写真2   写真3


秋田市立高校昭和25年卒の佐藤哲男さんが執筆されている 「メジカルトーク」 が「健康情報、ネットで紹介」のタイトルで、2016年1月24日発行の秋田さきがけ新聞の3面に紹介されました。佐藤哲男さんの 「メジカルトーク」 はこの一交会のホームペ−ジの「学術・文芸欄」の佐藤哲男さんの頁からもご覧になれます。


■ 平成28年度在京秋田県人新春交歓会に東京一交会から6名出席
平成28年1月18日(月)、18時30分、九段下のホテルグランドパレスのダイヤモンドルームに350名が集い、秋田県及び首都圏秋田県人会連合会主催で平成28年度在京秋田県人新春交歓会が賑やかに行われ、東京一交会から6名出席しました(会費8,000円)。
当日未明から東京地方は雪が降り都心で5cmの積雪を記録し、交通ダイヤの乱れなどからキャンセルが相当程度発生したようです。定刻に開会宣言し、県民歌斉唱に続き、主催者を代表して佐竹敬久知事の挨拶(写真1)、県選出国会議員及び市長村長紹介が行われた後、各界代表が登壇し勢いよく鏡開きが行われました(写真2)。続いて県勢発展と出席者のご健勝を祈念し声高らかに乾杯。新春交歓会の景気づけに郷土芸能などの余興が披露されるなど、賑やかな新春交歓会でした。また、恒例となった「秋田ふるさと応援団」が秋田への応援エールを披露し、佐竹知事の答礼パフォーマンスに会場から笑いが漏れる一幕もありました。20時15分中締め、20時30分に閉会しました。東京一交会有志が「男鹿の会」に合流し、市長ほか男鹿出身の皆さんと交流し二次会を楽しみました。(2016.1.19記 東京一交会会長 水沢誠一)
  写真1   写真2


■ 東京一交会 高校サッカー全国大会を応援
東京一交会は、31日、川崎市等々力陸上競技場で行われたサッカー全国大会出場の秋田商業の応援に駆けつけました。残念ながら敗退してしまい大晦日苦いビールとなりましたが、東京雄水会(秋田商業同窓会)、秋田高、秋田工、能代工、雄物川高など秋田ふるさと応援団の皆さんと残念会で交流しました(1月1日記、東京一交会会長 水沢誠一)
  写真1   写真2   写真3
"


■ ラグビー花園大会に東京一交会から役員3名が応援に駆けつけました
 東京一交会の皆さん、新年明けましておめでとうございます。本年も東京一交会の運営にご理解ご協力賜わりますよう宜しくお願い申し上げます。
 第95回全国高校ラグビー大会が27日、東大阪市の花園ラグビー場で開会式が行われ、母校秋田中央高は、声高らかに元気に美しく行進したのが評価され、開会式行進三賞(ベストマーチング賞、フィールドドリーム賞、HANAZONOフィフティーン賞)の一つ、「フィールドドリーム賞」に選ばれた旨、応援に駆け付けてくれた保坂顧問から報告がありました。28日の第1回戦は記念枠出場の広島工(中国・広島)と対戦し、68対3で快勝しました。続く30日の第2回戦はシード校の強豪桐蔭学園(神奈川)と対戦し、前半の失点が響き15対40で残念ながら敗退しましたが、後半は10対7と勝る戦いぶりで全体として堂々の善戦でした。選手の皆さんお疲れ様でした。今春卒業する選手にとって、昨年同様、花園で一勝できたことは大きな財産になったことと思います。年末の忙しい中、東京一交会から応援に駆け付けてくれた保坂顧問、小野寺副会長、鈴木理事・会計には心から感謝いたします。
 なお、東京一交会は、31日、川崎市等々力陸上競技場で行われたサッカー全国大会出場の秋田商業の応援に駆けつけました。残念ながら敗退してしまい大晦日苦いビールとなりましたが、東京雄水会(秋田商業同窓会)、秋田高、秋田工、能代工、雄物川高など秋田ふるさと応援団の皆さんと残念会で交流しました。(1月1日記、東京一交会会長 水沢誠一)


■秋高連創立30周年記念フェスタが盛大に行われました。出席者総数333名、東京一交会から18名出席
 平成27年度在京秋田県高等学校同窓会連合会(秋高連)主催の創立30周年記念フェスタが11月30日(月)、千代田区九段北のアルカディア市ヶ谷(私学会館)で盛大に行われました。
 出席者総数は333名(来賓・招待者61名、秋高連会員272名)で、東京一交会から千葉大学名誉教授、薬学博士の佐藤哲男氏が来賓として出席されたほか、会員17名が出席し、他校同窓会や来賓の方々と懇談しました。交歓会に先立ち、17時05分から元東レ経営研究所社長の佐々木常夫氏(秋田高、東京大学卒)が『リーダーという生き方』をテーマに講演されました。第2部交歓会は、秋高連会員3名による民謡、本荘追分、相撲甚句、生保内節が披露され、あまりの上手さに会場が熱気に包まれました。続いて、プロ歌手、演奏者による芸能公演を楽しみました。また、秋高連恒例の秋田ふるさと応援団から「なまはげ」が登場し、高校駅伝、ラグビー、サッカー、バスケット、バレーの年末・年始全国大会出場校にエールを送りました。母校、秋田中央高は花園2年連続出場(通算10回目)です。是非とも健闘してもらいたいと思います。11月は東京一交会総会・懇親会、けやき会の秋田市政情報交換会および秋高連フェスタと行事が続きました。東京一交会出席者に心から御礼申し上げます。(12月1日記 東京一交会会長 水沢誠一)
  写真1   写真2


■平成27年度在京秋田市政情報交換会に東京一交会から21名出席しました。
 在京秋田市政情報交換会実行委員会主催(けやき会、秋田市)の情報交換会が、11月18日(水)、午後6時半からアルカディア市ヶ谷において開催され、秋田市と縁のある企業・団体、中央省庁及び主催者、総勢179名が出席しました。
 第一部で穂積秋田市長から近況報告があり、中でも、人口減少問題への取り組みの一つとして紹介された「秋田市独自の子育て支援策」に注目が集りました。また、老朽化した県民会館、市民会館を秋田県と協同して建設する計画などが紹介され、なつかしく想い出された方も沢山いたことと思います。
 第二部では、来賓代表として演出家、藤田俊太郎氏(秋田中央高中退、東京芸術大卒)が挨拶に立ち、自身が演出した「美女音楽劇 人魚姫」のダイジェスト版をビデオで紹介しながら、作品をどう読み解き、演劇でどのように表現しようとしたか等、演出家としての構想について解説されました。また、演出家に至るまでのエピソードについて熱く話されました。藤田さんは、 演出家の大御所蜷川幸雄氏 の所属事務所に所属し、現在、蜷川幸雄氏の演出助手を務め、本年2月、読売演劇大賞新人賞と優秀演出家賞を受賞された期待の若手演出家です。このあと、情報交換・懇談に移り、各テーブルは往来する参加者で大賑わいでした。東京一交会出席者は、来賓として出席された佐藤哲男先生(千葉大学名誉教授)を含め、男女共学校らしく、女子11名、男子10名でした(11月20日記 東京一交会会長 水沢誠一)。
  写真1   写真2   写真3


■第32回東京一交会総会・懇親会が盛会裡に終わりました
 東京一交会の第32回総会・懇親会が、平成27年11月7日(土)、アルカディア市ヶ谷(私学会館)で行われ、母校小野校長先生はじめ一交会竹下会長ほか御来賓出席のもと、会員 63名 が出席しました。
 総会において、平成27年度会務報告及び平成26年度決算(会計監査報告を含む)が原案どおり承認され、また、任期満了に伴う役員選任が行われ、全役員の再任が承認されました。
 引き続き行われた懇親会は、ラグビーが2年連続花園出場を果たした喜びに加え、小野校長先生から、文部科学省からスーパーサイエンスハイスクール (SSH) の指定を受けて取り組んでいる研究の一つ、 「マタタビの白化現象の謎にせまる」 が、大阪で行われた研究発表で、全国第2位の審査委員長賞を受賞したほか、日本学生科学賞県審査会で秋田県第1位の県知事賞に輝き、更には東京で行われた第7回坊っちゃん科学賞研究論文コンテストで全国第1位最優秀賞を受賞したことが報告されると、会場に拍手が鳴り響きました。受賞された女子生徒2名には、東京一交会を代表し敬意を表します。併せて 「気温と管楽器の関係について」 の研究が、精密工学会ポスターセッションで最優秀賞を受賞された由、同窓生として大変嬉しく思います。29年度まで残り2年半、現在取り組んでいる研究も大きな成果を上げられるよう頑張って欲しいと思います。
 このように、冒頭から嬉しい話題が続いたこともあり、懇親会は久しぶりに再会を果たした喜びや、近況報告などで盛り上がりました。また、演出家嶋田親一氏の中〆に感激し、目にハンカチを当てている姿が見られました。会を盛り上げて下さった全ての皆様に心から御礼申し上げます。二次会の方も遠方から参加された方々のスピーチや作詩家石川きんえつ氏(本名石川謹悦、本会の相談役)が、11月5日に行われた「新作歌曲の夕べ2015」で演奏された自身の詩「わたしの故郷」を朗読するサプライズもあり、総会・懇親会及び二次会を盛会裡に閉じることができました。出席下さった皆様に改めて御礼申し上げます(H27年11月9日 記 東京一交会会長 水沢誠一)。
  写真1   写真2   写真3


■けやき会主催「高尾山ハイキング」に東京一交会から2名参加
 けやき会恒例行事の一つである「高尾山ハイキング」が10月17日(土)に行われ、秋田工高、秋田商高、金足農高及び秋田中央高の在京同窓会から9名、うち、東京一交会から役員2名参加しました。今年は、東京一交会の理事会と重なってしまい、例年の半分の参加となってしまいました。添付写真のとおり、やや肌寒い天候でしたが、登り所用時間公称90分のところ、休憩を挟んで120分で山頂に到着。各自持参したお弁当で昼食を済ませた当たりから天気が回復し、無事下山を終え、麓の名物蕎麦屋でお互いの労をねぎらい、楽しい交流のひと時を過ごしました。(情報提供:秋田市東京事務所、東京一交会渡辺理事)
  写真1   写真2


■東京一交会、第5回理事会の報告
 第5回理事会は、総会開催に向け、参加登録者数の中間報告及び式次第の確認などを行ったほか、11月に予定されている『平成27年度在京秋田市政情報交換会』及び『秋高連創立30周年記念フェスタ』への参加呼びかけがありました。このことから議題毎の内容は議事録に委ね、11月に計画されている行事を改めて掲載します。本年もそれぞれの行事に沢山の会員に参加して戴きますよう、よろしくお願い致します。
 日時: 平成27年10月17日(土)、15時40分〜18時00分
 場所: 新宿区立 新宿コズミックスポーツセンター 3階会議室
 出席者: 顧問1名、相談役1名、会長、副会長3名、事務局長、会計2名、ほか理事11名 計20名     (10月20日記 東京一交会会長 水沢誠一)


■秋高連主催の秋のミニハイキング「小江戸川越散策」に東京一交会から4名参加
 平成27年10月5日(月)の午後、全県の高校同窓会から12校22名が参加し、蔵造りの街並みで有名な小江戸川越を散策してきました。
 月曜日のため菓子屋横丁の多くの店舗は休業していましたが、蔵造りの街並みを楽しめる大正浪漫夢通りは混雑もなく、川越のシンボル「時の鐘」を見物し、また、名物の「豆お菓子」を試食したり、むらさき芋のソフトクリームを食べたり、楽しいひと時でした。夕刻5時から居酒屋で12校同窓会の親睦小宴会があり、お酒を飲みながらワイワイ楽しく秋田弁で交流を深めました。22名のうち女性5名参加しました。小江戸川越の人気が高い証拠だと思います(平成27年10月7日/東京一交会 水沢記)。
  写真1   写真2